2019年11月

マレーシア研修

カテゴリー/ blog |投稿者/ 四菱ホーム株式会社
2019年11月29日

こんにちは。先日、同業の先輩とマレーシアのクアラルンプールへ研修に

行ってまいりました。成田空港から約7時間で到着。

クアラルンプール空港クアラルンプール空港② ブキビンタン駅前

空港から高速鉄道でKLセントラル駅へ、そこからさらにモノレールに乗り

15~20分でブキビンタンへ到着。

まず、様々な国の人々の多さに驚きました。意外だったのは

ビジネス関係者、外国からの移住者、学生などが多い印象で

観光地という印象は受けませんでした。

早速、宿泊先のホテルへ直行しチェックイン。

初日は、宿泊先ホテル直結のショッピング施設「パビリオン」を見学。

その後、ちょっと歩いてアロー通りに立ち並ぶ屋台で軽食を取りました。

パビリオン アロー通り 屋台

電車やモノレールを利用しましたが、日本のように混み合った景色は無く

快適な移動を楽しめましたが、クアラルンプールの街中の道路は一変。

車の数の多さ・・・どこもかしこも渋滞。車社会なのですね。

ついついタクシーを利用したくなりますが、行く機会のある方は鉄道を

利用することをオススメします。タクシーよりも街の事を短時間で

より詳しく知れるとも思います。

しかしトヨタ・ホンダ等の日本車は凄いですね。利用者が大変多かったです。

余談ですがマレーシアで海外の車を購入する場合、関税が高く

日本で乗り出し300万円で購入できる車がおおよそ600万円も

するそうです。また、車検制度が無いため、定期メンテナンス等は

自己責任で行わなければならないそうです。

ですがガソリンはリッター約60円程度、資源国は安いですね。

ピンクモスク ピンクモスク②サマド・ビルマレー鉄道公社ビル

2日目は政治の街、プトラジャヤにあるピンクモスクを見学してから

KLセントラルへ戻り、マレー鉄道公社ビルや

イギリス統治時代から残るアブドゥルサマドビルを見学しました。

マレー鉄道公社ビルもアブドゥルサマドビルも築100年を越えたとは

思えない、オシャレで近代的なデザインの建築物でした。

しかし気候が最高です。日中はカラッと32℃、夜は心地良い25℃。

1年中この気候はうらやましい限りですね。

そして夜を迎えましたがまだまだ歩きます・・・

ブキビンタンから空中通路を歩き、大きな商業施設入口へ到着。

上を見上げると圧巻の景色が出迎えてくれました。

ツインタワー入口 ツインタワー ツインタワー②ペトロナスツインタワー

高さ約450m、ペトロナスツインタワー。商業施設とオフィス一体型の

超高層ビルです。タワー1の建設施工をしたのは日本のゼネコン・ハザマ

だそうです。ところでビルの所有者は?なんと国営の石油会社なんだとか。

マレーシアは東南アジアで上位の石油・天然ガスの生産国で

その資源を扱う会社はなんと、国営企業との事。

資源豊かな国の資源を国営で輸出等運営しているとは

国の体力は計り知れません。



四菱ホーム株式会社

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目18番3号 サニーシティ吉祥寺701号室
TEL:0422-27-5619
Copyright © 2020 yotsubishi,all Rights Reserved.
Top